Home

ドローン測量・産業用ドローン

効率的な測量を行うため、ドローンを用いた土木測量を実施し、地形の3Dデータ、断面図、土量計算などを提供させて頂きます。

See Our Recent Projects

高度なスキャニング技術と3D CADデータ活用

精密な測量・スキャニングを行ったのち、様々な分野への活用用途広げていきます。 長年、製造業に置いて、3D CADデータを扱ってきた実績から、クライアントのニーズに応じて、効果的なデータ活用を導き出します。

See Our Recent Projects

モノづくりにおけるデジタルトランフォーメーション

製造業における “モノづくり” の工程を、VRやARなどを活用したデジタル革新を進めながら、更に、お客様に届くまでの、すべてのプロセスにおいて効果を発揮するサービスをご提供いたします。

See Our Recent Projects

Concept

私たちは、建築業界・製造業のIT・スマート化を加速するために最大限お手伝いさせて頂きます。

近年、製造業界・建築業においては、人手不足の課題が、顕著になりつつあり、デジタル革新により、全体のプロセス改革をすることは、もはや急務と考えています。

さらに、グローバル経済の加速や、垣根を超えた異業種からの参入、労働環境の改善・働き方改革など、建築業界・製造業の競争環境が激化する中、時代の変化に対応することは、必須課題とも言えます。

建築業のIT化への消極的な姿勢は、建設・土木関係の事業者の生産性の低さを招きました。 こうした中、政府でも、建築土木の分野に置いて、調査・測量から設計、施工、検査、維持管理・更新までの全ての建設生産プロセスでICT等を活用する「i-Construction」を推進し、建設現場の生産性を、大幅に向上させる目標を掲げています。

そして、再び「ものづくり大国日本」を復活させる手立てとして「技術」と「経営」を融合し、効率的に「売れる商品」を生み出すMOT(Management of Technology)が盛んに研究・教育されるようになって来ました。

これらのデジタル化の中核を成すのは「3Dスキャニング技術」と、AI(人工知能;ディープラーニング)を用いた「画像認識技術」です。

私たちは、早期の段階から、これら先端テクノロジーの可能性と発展性を信じて、現在まで、積み上げた実績を元に、ご提案させて頂きます。

ドローン産業と5Gの潮流

5Gが世の中に導入されることでドローン・アズ・ア・サービス「DaaS(Drone as a Service)」が本格化

産業用途におけるドローンの活用が広がりを見せている中、大きな期待が集まるのが、5Gの通信技術です。

5Gによる通信技術で、映像のデータ転送が「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」というドローン産業にとって飛躍的に発展する可能性が実現します。

結果、より広範なエリアでリモート操縦が可能になり、撮影された高画質映像が瞬時に伝送できるようになります。

既に、ドローンは、撮影だけではなく、農業分野や、ヒトが入り込むことが困難なエリアにある橋脚や送電線の検査・監視、土地の測量などの他、山岳での遭難や海難救助の捜索支援ツールとしても利用されています。

今後、さらに、その活用領域は、多様化するのは間違いありません。

Mission

災害時のリスク回避する為、入念なインフラの保全を支援し、圧倒的な作業効率化を測ります。

「i-Construction」の導入により、これまでの土木測量に比べて、およそ、1/5のコストで、1/10の作業時間短縮を実現。コストの削減だけではなく、土木測量においては、±5cmという精密な計測値を達成することができます。

ICTの全面的な活用

・調査・測量、設計、施工、検査等のあらゆる建設生産プロセスにおいてICTを全面的に活用。

・3Dデータを活用するための15の新基準や積算基準を整備。

全体最適の導入(コンクリート工の規格の標準化等)

・部材の規格(サイズ等)の標準化により、コスト削減、生産性の向上を目指す。

・設計、発注、材料の調達、加工、組立等の一連の生産工程や、維持管理を含めたプロセス全体の効率化が図られるよう、全体最適の考え方を導入し、サプライチェーンの生産性向上を測る。

施工時期の平準化

・公共工事は、繁忙期と閑散期の起伏があり、偏りが激しい。

・限られた人材を効率的に活用するため、施工時期を平準化し、年間を通して工事量を安定化する。

Mission

災害時のリスク回避する為、入念なインフラの保全を支援し、圧倒的な作業効率化を測ります。

「i-Construction」の導入により、これまでの土木測量に比べて、およそ、1/5のコストで、1/10の作業時間短縮を実現。コストの削減だけではなく、土木測量においては、±5cmという精密な計測値を達成することができます。

ICTの全面的な活用

・調査・測量、設計、施工、検査等のあらゆる建設生産プロセスにおいてICTを全面的に活用。

・3Dデータを活用するための15の新基準や積算基準を整備。

全体最適の導入(コンクリート工の規格の標準化等)

・部材の規格(サイズ等)の標準化により、コスト削減、生産性の向上を目指す。

・設計、発注、材料の調達、加工、組立等の一連の生産工程や、維持管理を含めたプロセス全体の効率化が図られるよう、全体最適の考え方を導入し、サプライチェーンの生産性向上を測る。

施工時期の平準化

・公共工事は、繁忙期と閑散期の起伏があり、偏りが激しい。

・限られた人材を効率的に活用するため、施工時期を平準化し、年間を通して工事量を安定化する。

OUR SERVICES

ドローン技術と3Dスキャニング技術が融合したプロフェッショナルチームだからこそ実現できる革新的なサービス

瞬時に大量の情報を取得できるレーザースキャナーですが、計測された点群データから不要な物体・構造物などを除去するフィルタリング処理、また計測した点群データを管理・計画・設計などの実業務で利用可能なデータに加工する3Dモデリング/2D図面の作成など、その後処理作業には手間とコストが必要となってきます。

各種3Dレーザースキャナーを用いて計測した、点群データの解析処理(フィルタリング、数値計測など)から、3Dモデリング、2D図面の作成に至るまで、計測データの後処理全般を支援させて頂きます。

図面・パース図・写真・CADデータなどの2次元図面・資料から3Dモデルデータを作成、更にCGアーティストの手によるハイクオリティーなCGピクチャー、ムービーなどの3Dコンテンツを構築いたします。

また点群データを背景に設計CADデータの合成や、Web上での利用が可能な3Dデータ構築(X3D・WEB GL・VRML・Acrobat 3Dなど)、3Dプリンターによるモデル製作など、多彩な3Dコンテンツの作成サービスをご用意しております。

インフラ点検

赤外線画像、2,000万画素可…

view projects
スマート農業・林業

ドローンと各種のセンサ技術で、…

view projects
ドローン測量

誤差 ± 5cm以内。 高精度…

view projects
太陽光パネル点検

上空からホットスポットを検出。…

view projects
害獣対策

ドローン×赤外線カメラによる野…

view projects
撮影

プロのドローンパイロットによる…

view projects
農薬散布

化学肥料や農薬を使用する栽培方…

view projects

3D CADデータ/VRデータの開発環境

Auto CAD

オートデスク株式会社が開発する汎用のCADソフトウェアです。
1982年、最初のバージョンである1.0が発売。 以降、建築・土木・機械分野をはじめとして、汎用CADとして多く利用されています。
Auto CADは、建築CADとして、確固とした地域を築き、2次元から3次元まで制作できる高い機能性が魅力です。
建築・土木・機械などの各々の専門分野に特化した専用CAD版もリリースされています

CATIA

CATIAとは、フランスのダッソー・システムズ社が開発した、世界中の大手企業で導入されてる3次元CADソフトの代表格です。
デザインから設計、開発、評価、解析などのトータル支援が出来るツールで、機械専用CADのハイエンド(最上位)ソフトとして知られ、ライセンス料は高額です。
高機能で比較的大規模なもの且つ複雑な設計に向いており、主に自動車や航空機開発で用いられています。
複数のライセンスがありますが、一般的に「CATIA V5」が使用されています。

Unity

Unityは非常に大きなエコシステムをもち、特にスマートフォンのゲームの多数がUnityでつくられています。
モバイルゲーム由来の会社は、Unityを使用していることが多いです。
そのため、Unityはモバイル方面から普及したエンジンのため、ハイエンド方面から使用されているUnreal Engineよりも低スペックの端末でパフォーマンスを出しやすくなっているのが特徴です。
結果、Gear VRやGoogle Cardboardでは現状ほとんどのVRアプリがUnity製となっています。

Unreal Engine

コンシューマゲームやアーケードゲーム方面の利用が多いです。
国内のVR関連企業では、バンダイナムコやヒストリアなどがUnreal Engineを主に利用しているようです。
「Robo Recall」やOculus VR社の「First Contact」「Henry」といったデモにUnreal Engineが使用されています。
デフォルトで写実的な絵が出やすいセットアップがされており、マーケットプレイスの素材もリアル志向のものが多いです。
リアル志向のVRコンテンツを制作する場面ではUnreal Engineが広く採用されています。

CONTENTS PRODUCTION

3Dスキャンしたデータから用途に応じて多様な展開へ

製品企画・設計の場で:プロトタイピングを効率化する。