スマート農業・林業

スマート農業・林業

ドローンと各種のセンサ技術で、精密農業・精密林業の推進。
スマート農業とは、農地・農作物の状態をICT技術を用いて観察し、気候変化や病害虫による被害、カビなどによる農作物の病気や、外来植物の侵入を解析して、対策を立てる一連の農業管理手法をいい、農作物の収量及び品質の向上を目指します。
同様に、スマート林業とは、森林の生育状態をICT技術を用いて観察し、気候変化や病害虫による被害、カビなどによる樹木の病気や、外来植物の侵入を解析して、対策を立てる一連の林業管理手法をいい、木材の収量及び品質の向上を目指します。
いずれの場合も、ドローンにHD/赤外線カメラや3Dスキャナを搭載して農地や森林の上空に飛ばすことにより、詳しいデータを広範囲に、容易に得ることができます。